十五夜(中秋の名月)

十五夜と言うと、いわゆる中秋の名月のことを言い、
お月見をするということくらいは、皆さんご存知だとは思いますが、

その十五夜(中秋の名月)が一体いつなのか?と聞かれたら、
ちょっと返事に困ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで、

・十五夜(中秋の名月)は一体いつなのか?
・そもそも十五夜(中秋の名月)とは何なのか?

というようなことを、ちょっと調べてみました。

十五夜(中秋の名月)とは?

十五夜(中秋の名月)とは、旧暦の8月15日に見える月のことを言います。

秋(旧暦の7, 8, 9月)の最中(もなか)に当たるため、
「中秋(仲秋)」と呼ばれているわけですね。

古来、この時期は観月の絶好の時節とされ、
十五夜には、詩歌を詠じる観月の宴が催されてきました。

そしてその後、この観月の宴と秋の収穫を感謝する祭事が合わさり、
一般市民の間に広まり、月見団子・芋・枝豆・栗などを盛り、神酒を供え、
すすき・秋草の花を盛って月を祭って、いわゆる「お月見」をするように
なっていったようです。

ここで芋を供えるので、十五夜は、「芋名月」とも呼ばれています。
十五夜(中秋の名月)は、毎年日にちが異なる

「中秋の名月」と言われるくらいだから、十五夜は、
いつも8月15日に見える月のことを言うのではないか、と思いますよね?

でも、実は、この十五夜(中秋の名月)は、毎年違う日になるんですね。

それは、当時用いられていた「旧暦」と現在用いられている「太陽暦」とでは、
暦のズレがあるので、「旧暦」の8月15日は、現在では、9月中旬~10月上旬に
当たるからなんです。

そこで、2014年以降の十五夜(中秋の名月)の日程は、
どうなるのかというと、以下のようになります。

2014年(平成26年):9月8日
2015年(平成27年):9月27日
2016年(平成28年):9月15日
2017年(平成29年):10月4日
2018年(平成30年):9月24日
2019年(平成31年):9月13日
2020年(平成32年):10月1日
2021年(平成33年):9月21日

というわけで、2014年(平成26年)の十五夜(中秋の名月)は、
9月8日(月曜日)になりますね^^
十五夜(中秋の名月)は満月とは限らない

十五夜(中秋の名月)は、満月だと思っている方も
多いのではないでしょうか。

でも、実際は、十五夜(中秋の名月)は満月とは限らないんですね。

というのは、月は地球の周りを公転しているわけですが、
その軌道は、地球に近づいたり遠ざかったりしていて、
月が地球から遠ざかっているときは速度が遅くなり、
近づいているときは速くなりながら、回っています。

ですから、新月から満月までの日数が14日間~16日間というふうに、
ズレがあるので、十五夜が毎年満月になるとは限らないわけです。

ちなみに、2011年~2013年の十五夜(中秋の名月)は満月でしたが、
2014年~2020年までは満月ではなく、次に、十五夜(中秋の名月)が
満月になるのは、2021年になるようです。
十三夜にもお月見をしないと縁起が悪い

十三夜とは、旧暦9月13日のお月見のことを言い、
8月の十五夜の月に対し「後(のち)の月」と呼ばれることもあります。

そして、十三夜も、十五夜と同じように、ただ旧暦を新暦に直して、
10月13日とするのではなく、毎年日にちが異なります。

2014年の十三夜は、10月6日になります。

また、収穫した栗や豆を供えることから、
別名「栗名月」「芋名月」とも呼ばれています。

この十三夜は、十五夜に次いで美しい月だと言われて、
昔から大切にされていて、十五夜または十三夜のどちらか一方の
お月見しかしないことを「片月見」と呼び、縁起が悪いとされています。

今年の秋は、優雅に十五夜・十三夜のお月見を楽しんでみるのも
よいかもしれませんね^^よく読まれてるサイト:女の子を産み分けるゼリーの値段や使い方