七五三っていつなの?

七五三っていつなの?七五三の時期は?

七五三は、11月15日ですが、

これは、日の吉凶を占う方式によって決まるとか、
家業に関係深い神々を祭る日である霜月祭りの日であるとか、
いろいろと説があるようですね。

とは言え、現在においては、
七五三のお祝いををする時期というのは、
特に何月何日から何月何日までというふうに
決まっているわけではありません。

必ずしも11月15日ということにこだわらずに、
10月から11月の休日など、都合のよい日に
七五三のお祝いをするのが一般的になっています。
七五三って何をするの?祝い方は?

七五三には、何をすればいいのか?
七五三の祝い方が分からないという方もいるかもしれませんね。

そこで、まず七五三とはどういう由来のものなのか、
ということを見ていきましょう。
七五三の由来

七五三は、子どもの成長を祝い、将来を祈願する行事です。

昔は乳幼児の死亡率が高かったため、
その年まで無事に成長できたことに感謝し、
これからも健やかに育つことを祈ったわけですね。

古来から、公家の間では、

・髪置:髪を伸ばし始める(三歳の男女)
・袴着(はかまぎ):初めて袴を着ける(五歳の男子)
・帯解:帯を使い始める(七歳の女子)

という儀式が行われてきました。

そして、これらの儀式が、江戸時代なって、武家を中心に
一般の家庭でも、11月15日に氏神さまにお参りをして、
子どもの無事の成長を祈願する「七五三」参りとして
広く行われるようになったと言われています。
七五三の祝い方

住んでいる地域を守る神さまである氏神さまに
親子でお参りするのが一般的です。

神社でお祓いを受け、祝詞をあげてもらうのが一般的ですが、
別にお祓いをしてもらわなくてもよいようですね。

そして、神社に参拝した後、千歳飴(縁起物のお菓子)を
買って帰るというのが一般的です。

そのほか、家族で写真撮影をしたり、家族で食事をしたり、
というスタイルが多いですね。

ちなみに、氏神さまの神社が、必ずしも近くの神社であるとは
限らないので、近くの神社で確認するか、都道府県の神社庁に
問い合わせてみるとよいでしょう。
七五三に関してちょっと知りたいこと

このほかにも、七五三に関することで、いろいろ知りたいけれど、
今さら聞きにくいということについてまとめてみました。
七五三のお祝いは数え年でするの?満年齢でするの?

七五三のお祝いは、
昔は、生まれた年を一歳とする「数え年」に行なわれてきましたが、

現在では、生まれた年を0歳として、誕生日を迎えるごとに1歳増える
年齢の数え方である「満年齢」に行なわれます。

ただ、どちらで行なっても大丈夫なので、年の近い兄弟姉妹の場合など、
一緒にお祝いすることもありますね。

男の子の場合は3歳と5歳、女の子の場合は3歳と7歳のときに
七五三のお祝いをします。
七五三の神社への謝礼の相場はどのくらい?

七五三の神社への謝礼の相場は、だいたい3,000円~10,000円くらいです。

その中で、いくら包むかは、その人の気持ち次第ということになります。

また、神社によっては、規定の料金を設定している場合もあるので、
事前に確認しておいた方がよいでしょう。

そして、のし袋の表書きには「御初穂料」または「御玉串料」と書き、
水引き下の下段には、子どもの姓名を書きます。
まとめ

七五三は、11月15日ですが、子どもが無事に育ったことをお祝いする
家族の行事ですので、特に11月15日にこだわることなく、
10月から11月の休日など、都合のよい日にお祝いしてあげてください。

家族にとって思い出に残るような七五三のお祝いができるとよいですね^^こちらもおすすめ>>>>>産み分けの潤滑ゼリーは日本製がおすすめ